MENU

アフターサービスピル投薬後のお酒・煙草・授乳はいいの?

対応ピルを摂取後々お酒飲んで安穏?

 

対応ピルは母親ホルモンを体内に補給させる働きがあります。
なので、お酒を飲んだからといって対応ピルの反響に自ら影響が出るということはありません。
但し、だからといってお酒は飲んでも問題ないと甘くは言えません。

 

こわいのはお酒を呑むことによって嘔吐してしまうことです。
元々反作用として吐き気や頭痛が起きますが、お酒の影響で対応ピルを摂取後々一気に嘔吐してしまうと、対応ピルの反響を十分に得ることが出来なくなってしまう。

 

お酒自体が直接的に悪影響を及ぼすという訳ではありません。
ただし最低でも対応ピル服用してから3時間は、念の為お酒は控えるようにしておくと安穏といえるでしょう。

 

対応ピル摂取後々タバコは除ける

 

対応ピルをタバコパーソンが服用すると、非タバコパーソンよりも血栓症になるリスクが高くなると言われています。
タバコパーソンは、煙草のニコチンの実行により血管が通常より細くなってあり、血栓が非タバコパーソンから滞り易くなっています。
これは対応ピルだけでなく、低キャパシティーピルを服用する場合にも当てはまります。

 

それで本来であれば、禁煙後に服用するというのがベスト良いのですが・・・事変避妊となるとそれほども言ってられません。
その為、クリニックで処方される際はタバコパーソンの人物には、反作用が小さくそれほど身体への受け持ちが控え目のノルレボが処方される場合が多いようです。

 

対応ピルの摂取後々、消退出血液が見られるまではタバコは避けて下さい。
血栓症のリスクが高まってしまう。

 

基本は消退出血液が早くて3日光後に起きるので、消退出血液が見られればタバコを続開しても安穏でしょう。

 

消退出血液が見られれば対応ピルの反響があらわれたことでもあるのでタバコを続開しても安穏でしょう。

 

授乳中に服用していいのか

 

対応ピルって母乳の人付き合いは、かなり複雑だ。
対応ピルを服用すると、母乳に根底が入ってしまうとともに母乳が出にくく達するに関してもあります。

 

授乳をしている女性は、母乳への感化を遠ざけるために産後から半年間はピルの摂取を禁止されています。

 

半年プロセス以降は、クリニックでドクターという商談し対応ピルを服用する事が可能です。
低キャパシティーピルに比べて、対応ピルは1都度きりの摂取なので母乳への感化は少ないとされていますが、基本的に授乳インサイドの女性は半年経過したとしても対応ピルの摂取を控えた方がいいでしょう。

 

仮にやむ終えず服用する事になった場合は、最低でも一年中は授乳を控えるようにください。
母乳の件数、クオリティーが低下して仕舞うだけでなく、母乳に対応ピルの根底が含まれている結果母乳を飲んだ赤ん坊にも影響が出て現れる可能性が大きいと言えます。